2021年 桜花賞(GⅠ) | ソダシ | JRA公式

  • 2022.11.28
  • JRA
2021年 桜花賞(GⅠ) | ソダシ | JRA公式

2021年 桜花賞(GⅠ) | ソダシ | JRA公式

【レース概要】
2021年4月11日(日曜)2回阪神6日 発走時刻:15時40分
天候 晴
芝 良
11レース
第81回 桜花賞(GⅠ)
1,600メートル(芝・右 外)

【レース成績(着順 / 馬番 / 馬名 / 騎手)】
1着 4番 ソダシ / 吉田 隼人
2着 18番 サトノレイナス / C.ルメール
3着 2番 ファインルージュ / 福永 祐一
4着 5番 アカイトリノムスメ / 横山 武史
5着 10番 アールドヴィーヴル / M.デムーロ
6着 7番 ククナ / 藤岡 佑介
7着 6番 ストゥーティ / 岩田 康誠
8着 9番 エンスージアズム / 岩田 望来
9着 17番 ホウオウイクセル / 丸田 恭介
10着 14番 ミニーアイル / 藤岡 康太
11着 11番 ジネストラ / 北村 宏司
12着 1番 ストライプ / 田辺 裕信
13着 13番 エリザベスタワー / 川田 将雅
14着 3番 ブルーバード / 柴田 大知
15着 16番 ソングライン / 池添 謙一
16着 15番 シゲルピンクルビー / 和田 竜二
17着 12番 ヨカヨカ / 幸 英明
18着 8番 メイケイエール / 横山 典弘

【レース成績詳細はこちら】

【レース解説】
白毛の女王誕生!単勝2番人気のソダシ(牝3・須貝 尚介)が桜花賞制覇

好スタートから3番手のインに構えたソダシは、手応え十分に4コーナーを回り、直線へ。先頭に立っていたストゥーティーをあっさり交わすとファインルージュ、アカイトリノムスメ、さらには1番人気に推されていたサトノレイナスの強襲もクビ差振り切って先頭でゴール。デビュー5連勝を飾るとともに、1分31秒1のコースレコードも叩き出して、堂々“桜の女王”の称号を手に入れたのである。

【歴史】
5大クラシック競走の第一弾として行われる本競走は、イギリスの1000ギニーに範をとり、最もスピードのある優秀な牝馬の選定および、優秀な繁殖牝馬を発掘するためのレースとして、1939年に3歳(旧表記4歳)牝馬限定の条件で、中山競馬場・芝1800メートルを舞台に「中山四歳牝馬特別」として創設された。

その後、1947年に舞台を京都競馬場に移し、距離を芝1600メートルに変更したのを機に、レース名が「桜花賞」に改称された。1950年に阪神競馬場へ舞台が移されてからは、満開の桜が咲き誇る仁川のターフで数多くの名牝が名勝負を繰り広げてきた。

桜花賞は、オークス・秋華賞と続く牝馬三冠レースの最初の関門であり、5着までの馬にオークスの優先出走権が与えられる。過去、1986年のメジロラモーヌ(当時は三冠目がエリザベス女王杯)、2003年のスティルインラブ、2010年のアパパネ、2012年のジェンティルドンナ、2018年のアーモンドアイ、2020年のデアリングタクトの6頭が牝馬三冠制覇を成し遂げている。

【Race overview】
Sunday, 11 April 2021 HANSHIN
OKA SHO (JAPANESE 1000 GUINEAS) (G1)
1600m, Turf
Winner / Sodashi

【More English results are below】

▼ JRA公式YouTubeチャンネル
JRA日本中央競馬会公式YouTubeチャンネルです。
最新のレース映像からここでしか見られない特別コンテンツまで、競馬に関する様々な情報をお届けします!
競馬ファンは必見です!チャンネル登録よろしくお願いします!

▼ 最新レース映像はこちら

#JRA #日本中央競馬会 #競馬 #馬 #GⅠ #GⅡ #GⅢ #レース #乗馬 #競走馬 #WINS

***JRA公式リンク***
▼ JRA公式サイト

▼ JRA公式Facebook

▼ JRA公式Instagram

2021年 桜花賞(GⅠ) | ソダシ | JRA公式

JRA公式チャンネル

JRAカテゴリの最新記事