2021年 ホープフルステークス(GⅠ) | キラーアビリティ | JRA公式

  • 2022.11.22
  • JRA
2021年 ホープフルステークス(GⅠ) | キラーアビリティ | JRA公式

2021年 ホープフルステークス(GⅠ) | キラーアビリティ | JRA公式

【レース概要】
2021年12月28日(火曜)5回中山9日 発走時刻:15時25分
天候 晴
芝 良
11レース
第38回 ホープフルステークス(GⅠ)
2,000メートル(芝・右)

【レース成績(着順 / 馬番 / 馬名 / 騎手)】
1着 5番 キラーアビリティ / 横山 武史
2着 8番 ジャスティンパレス / C.デムーロ
3着 3番 ラーグルフ / 丸田 恭介
4着 13番 フィデル / 川田 将雅
5着 9番 ボーンディスウェイ / 石橋 脩
6着 10番 マテンロウレオ / 横山 典弘
7着 2番 アケルナルスター / 柴田 大知
8着 1番 シェルビーズアイ / 松田 大作
9着 4番 グランドライン / 三浦 皇成
10着 15番 アスクワイルドモア / 武 豊
11着 12番 オニャンコポン / 菅原 明良
12着 6番 コマンドライン / C.ルメール
13着 7番 サトノヘリオス / 岩田 望来
14着 11番 クラウンドマジック / 岩田 康誠
15着 14番 タイラーテソーロ / 内田 博幸

【レース成績詳細はこちら】

【レース解説】
好位から抜け出してキラーアビリティ(牡2・斉藤 崇史)がGⅠ初制覇!

ここまで3戦して1勝のキラーアビリティ。実績ではライバルたちに譲るが、初めて手綱を託された横山武史騎手は「2週連続で調教に跨って走る馬だと感じた」と振り返る。父はディープインパクト、母は米G1馬と血統も一級。前向きすぎる気性ゆえ難しさはあるものの、それもこの日は「向こう正面で力が抜け、リラックスして走っていた」と、上々の追走となっていた。
勝負は直線へ。葉牡丹賞に続く勝ち星を狙ってボーンディスウェイが2番手から先頭に躍り出ると、そこへすぐさまキラーアビリティも襲い掛かる。残り200メートルを切ったところから、渾身の伸び脚。粘る相手を競り落とすと、食い下がる黄菊賞1着馬ジャスティンパレスや芙蓉S勝ち馬ラーグルフらを退けたキラーアビリティは、2勝目をGⅠの大舞台でマークしたのだった。

【歴史】
近年、2歳馬競走の開始時期の早期化および競走距離の多様化、特に中距離競走における競走内容の充実ぶりは顕著である。その機運を受け、2014年に2歳中距離路線の頂点に位置する競走として、従来阪神・芝2000メートルで行われていたGⅢの「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」を、皐月賞と同じコース・距離である中山・芝2000メートルに移し、レース名も「ホープフルステークス」に変更。格付けは前身のラジオNIKKEI杯2歳Sの競走実績を踏まえGⅡとなったが、2017年にGⅠへ昇格した。

競走名のホープフル(Hopeful)とは、英語で「希望に満ちた」「望みを持つ」という意味。

【Race overview】
Tuesday, 28 December 2021 NAKAYAMA
HOPEFUL STAKES (G1)
2000m, Turf
Winner / Killer Ability

【More English results are below】

▼ JRA公式YouTubeチャンネル
JRA日本中央競馬会公式YouTubeチャンネルです。
最新のレース映像からここでしか見られない特別コンテンツまで、競馬に関する様々な情報をお届けします!
競馬ファンは必見です!チャンネル登録よろしくお願いします!

▼ 最新レース映像はこちら

#JRA #日本中央競馬会 #競馬 #馬 #GⅠ #GⅡ #GⅢ #レース #乗馬 #競走馬 #WINS

***JRA公式リンク***
▼ JRA公式サイト

▼ JRA公式Facebook

▼ JRA公式Instagram

2021年 ホープフルステークス(GⅠ) | キラーアビリティ | JRA公式

JRA公式チャンネル

JRAカテゴリの最新記事